茶色の革靴というよりは・・・

思っていたより黄色みが強かった茶色の革靴。
茶色というよりはキャメルなんですよね。

私のパーソナルカラーはウインター、ブルーベース。黒や白、マゼンダなどのパキっとした色が似合うらしいのです。

苦手とされる色がオレンジ、黄色、茶色、カーキなど黄色みのある色とアースカラーと呼ばれるくすんだ色。

だったら靴も最初から黒を選んどけばよかったんじゃ、となるのですが、黒の革靴を私の足のサイズで作ると、完全にメンズのビジネスシューズになってしまうんです。

顔から遠い位置だと多少苦手な色も使うことができるので茶色の靴を作ることにしたのですが、さぁ、コーディネートをどうしようか・・・?



これまたネットで色々調べてみたのですが、やはり白黒のモノトーンコーデ、デニムくらいしか無難なものがなさそうです。

おじ靴のコーデも、黒はたくさんあるんですが、茶色ってなかなか出てこないんですよね。

靴の黒、茶色ってどちらも定番色だと思っていましたが、どうやら茶色はそこまで定番ではない気がしてきました。

黒いおじ靴って紳士っぽいというより本当に紳士靴に見えてしまうのですが、小さい足の女性が履くとそうでもないのかしら?



テーラードジャケット、デニム、黒おじ靴、華奢でない私には男装にしかならなさそうです。

それにしてもキャメルの革靴コーデ、結構ハードル高いなぁ。もう少しこげ茶っぽい色にしたらよかった〜・・・。結局本音はここです。

でも高かったのであまり不満は口にはしたくありません。何とか素敵コーデを見つけて見せます!!